愛人との体験を活用して夢を叶えた友人

私の友人の30代女性は、売れっ子のホステスでした。日本でも有名な歓楽街で、一時期は街一番の売り上げを誇る人気キャストだったそうです。友人目当てに来る著名人や芸能人も多かったらしく、当時の人気はテレビで取り上げられる程だったそうです。
その友人は、幼い頃から歌手になる夢を持っていました。その夢を叶えるために貯蓄をする手段としてホステスをしていたそうですが、あるお客様にその話をしたところ、自分とプライベートな友達になってくれるなら、その夢を自分が叶えてあげるから仕事を辞めてその道に専念しないか、と持ちかけられたそうです。

当初は疑惑の念が強く、あしらってたそうですが、あまりにも強く熱心に説得してくれる様子に、一度きりの人生だから、と思い切って踏み込んでみたそうです。
ボイストレーニングやステージ出演料などはピンキリですが、有名歌手を輩出しているところになれば、週5回のレッスンで月に30万、40万の出費当たり前だそうですが、その男性は特段頻繁に会おうとしたりはせず、友人の活動を一歩引いて見守るようなスタンスで応援してくれていたそうです。
もちろん当初は友人関係でしたので深い関係はありませんでしたが、徐々に友人はその男性にお金では無く本心で惹かれるようになり、深い仲になっていったそうです。しかし、実はその男性には家族がいたらしく、そこで初めて自分は愛人だったのだ、とひどく落ち込み、その男性には感謝しつつも縁を切り、独力で歌手への道を目指し、現在では某CMに起用されるかもしれない、実力派の歌手になりました。